Parenting

情報ジャンクフードに引き寄せられる自分…気づきからの脱却作られたものを見る

これからもずっと、こういうことで悩むのだろう。

子どもに見てほしいもの、見てほしくないもの

子どもを持つと、見てほしいもの・見てほしくないもが出てくるもので。その代表格がYou Tubeだったりする。You Tubeそのものが悪いのではなく、子どもが選択する動画に対して「なんだかな」と思う。

子どもが選択する動画は主に、子ども同士がケンカしてる動画だったり、親子の寸劇のような動画だったり。きっと、このような動画は簡単(頭を使わない)で見やすいのだろう。私からするとジャンクフードやインスタントみたいな動画は、ある程度の年齢にいったら選択しないようになってほしいと思うもの。

私が子どもだった頃は、ちょうど「クレヨンしんちゃん」が流行っていた。PTA協会は「クレヨンしんちゃん」を見せたくない番組として挙げたが、いまのYou Tubeに比べたらとてもましなように思う。当時「クレヨンしんちゃん」を見せたくないと思っていた親が今の時代に子育てしていたら卒倒していたかもしれない、と思ったりする。

親からすると本を読んでほしい、動画を見るならためになるものを見てほしいとなるもの。だけど、親のやってほしいことは必ず子どものやりたいことではない。だから、お互いの妥協点を探りながらやっていくしかないのだろう。

これから成長していくなかで、取捨選択がうまくできるようなっていってほしいと期待している。

見るものに対して気をつけていること

コンテンツをどう選ぶかで悩むのは子どもだけでない。自分自身も同じように、容易に手に入るが自分のためには必ずしもならない情報に引き寄せられがちだ。

実際、自分自身を省みてみると、今までは読みやすい情報に飛びついていた。読みやすいとは考えなくていい情報、と思っている。専門性がない人たちが、それっぽい言葉で流している情報は簡単に取得できるし読みやすかったりする。ツイッターに流れてる、まとめ情報はまさに簡単に取得できて考える必要がない情報だ。私もその情報に飛びついていたのだけれども、自分のためにはならなかった。結局ちょっと苦労して得た情報のほうが自分のためになる。

「わかりやすい」は大事なことだけど、たまには自分の頭を使わないといけない情報を見ることも大事なんだと思う。筋トレと同じように負荷をかけることで、考えることも鍛えられるのだろう。

ジャンクフードは簡単に手にできるし中毒性がある。情報も同じだ。情報のジャンクフードを摂取しすぎないように気をつけたい。