Life review

新しいことを始めたいのなら知っておきたいこと

交友関係の見直しのススメ https://www.peetaaan.com/petan-thinking-2754 こんにちは、ぺったんで...

こんにちは、pettanです。

新年度を迎えました。
こういう時期は新しいことを始めたいと思いますよね。
そこで今回は「新しいことを始めたいのなら知っておきたいこと」についてお話します。

これから話す内容を知ってると、新しいことを始めるとき役立ちます。
ぜひ参考にしてみてください。

人は現状維持を好む

新しいことにチャレンジするとき、腰が重くなりませんか?
「なんだかめんどうになってきた」
「いまのままでいいや」

それは特別なことではありません。
人間は新しいことを拒絶して現状維持するように働きます。

なぜ現状維持するように働きかけるのか。
それは、人間の本能は生きることを大事にしてるからです。

変化を起こそうとすると本能が、
「今こうして無事に生きてるのに変化なんて起こしたら死んでしまうかもしれない!」
と勝手に危機を察知して現状のままでいるように働きかけるのです。

つまり現状維持する力は人間に備わってる生きるための機能なのです。
このことを専門用語でいうと「心理学的ホメオスタシス」といいます。

「新しいことを始められない」
「新しいことを始めてみたけど続けられない」
これは当然のこと。

まずは新しいことを始めるとき現状維持しようとする力が働くことを知って、それからどう対策していくか考えていくといいです。

未来を具体的にする

現状維持する力にどう対抗すればいいか。
それは考え方を変えてみるといいですよ。

「新しいことを始める」ではなくて「決まってる未来のために足りないことをやる」

過去を振り返ると「もっと勉強しておけばよかった」と思ったりしませんか。
「もし過去をやり直せるとしたら勉強する!」とか。
この感覚を使います。

目的を達成した未来からみてあげる。
例えばTOEICで満点を取って転職に成功した自分から今の自分をみる。
そうすると何が足りないか、何をやらないといけないかわかりますよね。

このやり方で気をつけないといけないのは、目的はより具体的にする。

「とりあえず英語を話せるようになりたい」とぼんやりした目的を立てたとします。
ぼんやりした目的だと、「なんのために英語を話せるようになりたいの?」「英語を話せなくても困らない」などの内側の声が聞こえて途中で挫折します。

ぼんやりした目的は、現状維持する力に負けやすい。

目的をより具体的に、なんだったら目的を達成した自分になりきってもいいです。
それぐらい強いものでないと、人はすぐ楽なほうに今までと同じほうに進みます。

まとめ

今回は「新しいことを始めたいのなら知っておきたいこと」について話しました。

新しいことを始めたいのになかなか始められないのはあなたのせいではないです。
人間に備わってる本能(現状維持)が機能してるだけ。
本能に負けないように、より具体的に目的を設定してください。

新ことを始められないのは自分のせいではなく本能のせい!
本能に負けないぐらい目的は具体的に!

最後に

このブログではコメントや質問もお待ちしてます。
よかったらお寄せください。

今回も最後まで読んでくれてありがとうございました。
では、また次回お会いしましょう。