Life review

自分のことを「最高の恋人」という人には要注意

幸せの近道は自分を知ること https://www.peetaaan.com/petan-thinking-3182 みなさんは自分の幸...

「最高の恋人」は誰が決める?

こんにちは、ぺったんです。

私は最高の恋人だ」「私は恋人に優しい」と自分から言う人がいると感じたことはありませんか?

言葉通りの人もいるかもしれませんが、ただの自己陶酔の場合もありますよね。

そもそも、「最高の恋人」とか「優しい」といった評価は相手があってのこと。
相手が評価することですよね。

「優しい」という基準は人それぞれ異なります。
あなたのバッグを持ってくれる恋人を優しいと思いますか?
それとも、「そんなことしなくていい」「持ってほしいときだけでいい」と思いますか? 人によって感じ方は違いますよね。

以前付き合っていた恋人が喜んでいたことを、今付き合っている人にも同じことをしてくれるとは限りませんよね。

同じことをしないのは、人によって違うからです。

自分が思う優しさは、常に誰かにとっても優しいと思ってもらえるとは限りません。
相手にあった優しさを提供することが大切です。

相手を見失う

私は以前、当時お付き合いしてた人と同棲する街を決める際にこんな経験をしました。

私の提案に対して「あなたが言っている街は良くない」 「上司がこの街に住んでいるからこの辺りがいいかも」 「上司がこの街がいいと言っていた」と。

私と住むのではなく、上司と住むのでしょうか?
この人は私と何か決めるたびに「上司が言ってたから」と言う始末。
ちなみに、この人は自分のことを「最高の恋人」と言っていました。

私にとって、「最高の恋人」は、上司の意見を尊重する人ではありません。

私のことをリスペクトしていなかったので、リスペクトできる上司だったり親の意見を尊重していたのでしょう。

この人は私にとって「最低の恋人」でした。

相手のことを理解する

理解するとは、単に相手の言葉を聞くだけでなく、その背後にある感情、意図、欲求を察知し、それを尊重することを意味します。

これは、他人の視点から世界を見る能力、つまり「共感」の一部でもあります。

恋人との関係において、相手を理解することは非常に重要です。

「相手のことを理解する」具体的な4つの方法

1. アクティブ・リスニング

これは単に言葉を聞くだけではなく、意識的に相手の言葉と非言語的なコミュニケーション(表情など)を理解しようと努力することを指します。

2. 質問をする

パートナーの気持ちや考え方を深く理解するために、質問をすることが役立ちます。
これにより、パートナーは自分の感情や視点をより詳しく表現する機会を得ることができます。

3. 共感を示す

相手が何を感じているかを理解し、それを認めることで、相手を尊重し、自分が理解していることを示すことができます。

4. 自分の理解を確認する

相手が何を言っているのか、何を感じているのかを自分の言葉で要約し、それが正しいかどうかを確認することです。
誤解を防ぎ、より深い理解を得ることができます。

まとめ

今回もいかがだったでしょうか。

相手のことを考えてるようで考えてない人は意外といると思います。
それは、相手のことが本当に見えてなかったり、自分が得するように考えてる場合が多いように思います。

最高の恋人になるには、相手のことを深く理解すること共感することが大事になります。
ぜひ、目の前の人をしっかり観察してみてください。

最後に

このブログではコメントや質問もお待ちしてます。
よかったらお寄せください。

今回も最後まで読んでくれてありがとうございました。
では、また次回お会いしましょう。