Life review

時間を増やす方法

情報のミニマニスト https://www.peetaaan.com/petan-thinking-3412 みなさんは、1日に...

こんにちは、pettanです。

みなさんにもこんなふうに感じる瞬間ありませんか?

「もっと時間が欲しい!」

もっと仕事をこなしたい、もっと勉強に時間を費やしたい、もっと家族や友人との時間を楽しみたい。
時間がもっとあればこれらの悩みは解消されるのにと思いませんか。

でも、実際には時間は24時間って決まってるしどうすれば。。
こんな悩みを解消するために、今回は「時間を増やす方法」についてお話したいと思います。

ぜひ、最後まで読んでいってください。

時間を増やすとき削るもの

「もっと時間が欲しい!」

その解決策として、ついつい考えてしまうのが、「寝る時間を減らしてでも、何とか時間を作ろう」というもの。

でもちょっと待った!
その発想、全くの逆効果なんですよ。

そう、睡眠はとてもとてーも大事。

睡眠を削るという行為は、私たちの体調を崩し、思考力を鈍らせ、結果的には生産性を下げてしまうんです。

だから、「もっと時間を作りたい!」と思ったとき、寝る時間を削るのはやめましょう。

そこで出てくるのが、「なんとなくの時間」を見つけて、それを有効に使うという方法。
この考え方が、時間に追われる日々をどうにかする鍵になるんです。

次では、この「なんとなくの時間」とは具体的にどんな時間のことか話していきます。

なんとなくの時間とは

「なんとなくの時間」って一体何なのか?

それは思っている以上に、私たちの日常に溶け込んでいて、気がつかない間に流れ去っている時間のことを指しています。

電車を待っている間、友人との約束時間までの間、寝る前になに気なく手に取るスマホで過ごす時間。

そんなちょっとしたスキマ時間を「なんとなくの時間」と呼んでいます。

思い出してみてください。
1日の中で「なんとなくの時間」がどれだけあるでしょうか。
集計してみると、思った以上にその時間はあるはず。

つまり「なんとなくの時間」を有意識に活用できるようになれば、時間に追われていると感じる日々も、きっと少し変わるかも。

では、具体的に「なんとなくの時間」をどのように活用すれば良いのでしょうか?
その答えは、私たち自身のライフスタイルや目標にあります。

たとえば、資格試験の勉強をしているなら、待ち時間などのちょっとした時間に教材を開き、1問だけでも解いてみてもいいですよね。
それが毎日の習慣となれば、勉強時間がぐっと増えます。
それだけでなく、短い時間でも集中して学ぶことで、理解力や記憶力も高まると言われています。

もしくは、自己啓発を目指しているなら、ビジネス書や自己啓発書を読むのも1つ。
知識を深めるだけでなく、新たな視点や考え方を得ることで、日々の仕事や生活に活きるヒントを得られるかもしれません。

そして、すべて仕事や学習だけでなく、リラックスも大切。
好きな音楽を聴く、気になるマンガを読む、美味しそうなレストランを探すなど、楽しい時間を過ごすのも大切です。

リラックスした時間は、気分をリフレッシュさせてくれてモチベーションを引き出します。

ポイントは、「なんとなくの時間」を無駄に消費するのではなく、何かしら有意義な活動につなげること。

それが、時間を有効活用するコツとなります。

まとめ

時間を上手に使う人って、なんかとてもかっこよく見えませんか?
それは、自分の時間を自己成長に繋げているからかもしれません。

時間の使い方一つで、明日の自分が変わる。
そんな可能性を、時間は秘めているのです。

そう、時間というのは、私たちに平等に与えられる資源。
1日は24時間、それ以上もそれ以下もない。
だからこそ、その時間をいかに有効に使うかが問われるのです。

何気なく過ごしてしまう時間を見つけ、それを有効に使う。
それができれば、私たちの人生はきっと豊かさを増していくでしょう。

お知らせ

このブログではコメントや質問もお待ちしてます。
よかったらお寄せください。

今回も最後まで読んでくれてありがとうございました。
では、また次回お会いしましょう。