Life review

反応しない練習

約束を守らないと周りから人がいなくなる!? https://www.peetaaan.com/petan-thinking-3464/ みなさんは約束を守らない...

こんにちは、pettanです。

どんなときでも平常心でいたいと思いませんか。
ほんと心を乱されるのはこりごり。

そんなこと思っていても人生はイレギュラーなことばかり。
だからこそ、反応しないが大切。

こんかいは、どんなときでも平常心を保つため反応しないについて考えました。

どんな時でも平常心を保つ

人生でさまざまな経験をするなかで、予期しない出来事がおきます。
これが人生のイレギュラーな部分であり、そういったときにココロの平静を失ってしまうことが多いです。こうしたイレギュラーな事態にどれだけ冷静に対応するかは、日々の訓練にかかっているのかもしれません。

反応しないことの本質

平常心をたもつ秘訣は、「反応しないこと」にあります。

人々の言葉や出来事、さまざまな感情の波にほんろうされることなく、冷静にその場を乗り越えるちから。
日常で耳にするさまざまな情報や、他人からの期待や評価にそくざに反応すると、ココロのエネルギーがしだいに消耗していきます。

反応するのは簡単だが、そのたびにココロのエネルギーを消耗するのはさけたい。これは、日常生活をスムーズに進めるための大切なスキルといえます。

物欲との向き合い方

物欲についても同じことがいえます。
現代社会は消費をうながす情報があふれており、新しいものや魅力的なものに目が向くのは当然のこと。

しかし、それにすぐに反応し、購入する行動にうつすのは心のエネルギーを浪費する行為になってしまいます。その欲求をいったん持ち越し、本当に必要なものかどうかを冷静に判断することが重要になります。

SNSの影響と対処法

現代人にとってSNSも反応してしまう対象になりますよね。
SNSは生活に深くしんとうしており、私たちの反応を求める場となっています。

商売する側からすると、ユーザーの反応を引き出すことがビジネスの成功に直結しています。そのため、SNSを利用する時間や頻度には注意が必要。
時間を決めてアクセスする、または通知をオフにするなど、SNSとの向き合い方を見直すことで、自分の心の平静をたもつ手助けとなるかもしれません。

まとめ

情報の氾濫の中で、心の平静を保つための「反応しないこと」は非常に重要です。平常心をたもつための訓練や反応しないことの意味、SNSとの適切な向き合い方など、現代社会を生き抜く上での有効なヒントが詰まっています。

日常において、この考え方を取り入れてみることで、より穏やかな日々が送れるようになるでしょう。

お知らせ

このブログではコメントや質問もお待ちしてます。
よかったらお寄せください。

今回も最後まで読んでくれてありがとうございました。
では、また次回お会いしましょう。