Life review

発言小町を見たら悪い気吸った気分になった

どうも、こんにちは。
ぺったんです。

今回は「いいものだけ見よう」について話します!!

他人の不幸は蜜の味

他人の不幸は蜜の味。噂だったり不幸が好きなひとは一定数いると思うんです。別にそれが悪いとかではないです。感性は人それぞれだから。でも、もし他人の不幸を聞いたとき嫌な気持ちになるタイプだったら聞かない見ないほうがいいです。

「発言小町」という悩んでる人の相談に対して回答するサイトがありまして。たまたま私がそこに辿り着いて見たんですが、いやー本当にゲンナリしちゃいましたw

そこに書いてある質問がそもそも下世話系で、いい気持ちにはならなかったです。人の汚いところがそのまま出てるイメージ。質問全部がそうではないけど、有意義ではないですね。

共感を求めてる

時間だけはみんな平等に与えられていて、使い方も人それぞれで。悩みを発言小町に投稿するために時間を使う人もいれば、悩みを自分で解決するように前進していく人もいて。まぁほんと人それぞれ。なにがいいのかなんては、その人にしか分からない。

私はサイトに悩みを投稿しないです。ここでいうサイトというのは不特定の人が答えてくれるところ。まず、人となりが分からない人の答えを盲信的に行動に移せない!無料で相談できたり、不特定の人だからこそ言える相談もあると思うけど。

きっと解決したいのではなく共感してほしいんでしょうね。結局、人とのつながりで欲を満たす場なのかも。プラットフォームは違えど、やってることはみんな一緒なんですね。Twitterとかでいう「いいね」みたいな。

どうせなら好きなことで共感したい

どうせ共感を求めるなら楽しいことのほうがいいですよね。わざわざ、不特定の人たちに自分の不幸を共感してもらわなくていい。そもそも自分の不幸をネットに書き込んで残しておくものでもないしw

不幸や不満で集まる共感にいい力はないです。不幸や不満を上手く扱える人はいいけど、大概の人はそうじゃないですからね。あと、見方を変えると不幸なことにもいい面はあるからね。どの切り口で見るかによって幸福度は変わるから。不幸や不満をぶちまけることがストレス発散のようでそうじゃない。まずは見方を変える。いいものに触れる。せっかくだから幸せになりましょう。

最後に

今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!
これを読んでくれた人が少しでも前向きになれますように。

では、また次回お会いしましょう!
またねー!!