Life review

年賀状を送る理由を考える

どうも、こんにちは。
ぺったんです。

今回は「年賀状」について話します!

年賀状って誰のため?

結論からいいます!
年賀状は新年の挨拶をするための手段で目的ではないです!

この時期になると年賀はがきが街頭で売られてますね。年賀状を送るのが当たり前みたいな雰囲気。そこまでではないかw

みなさんは年賀状は送りますか?私はここ数年はもうやめてます。来てもLINEで返すぐらい。わざわざ年賀はがきを買って送ることはなくなりました。

これはあるあるなのかもしれないけど、結婚すると年賀状送り始めますよね。子どもができるとなのかな。独身のときは年賀状送ってこなかったのに、結婚したら年賀状送ってくるっていう。なんだろうw
親戚に送らないといけないから、ついでに友だちもってなるのかな?これも不思議だなって思う。

てか、年賀状って貰ってそんなに嬉しい?
ありがとうとは思うけど、そこまで嬉しくはないよねw 年賀状に書いてある内容なんて「あけおめ!ことよろ!元気?また会いたいね!」がほとんどw

年賀状でなくLINEでいいじゃん!!

年賀状を送る目的

年賀状って今みたいに携帯とかないし電話代も高いし、実際に会うのも大変だからハガキで新年の挨拶をしようってコンセプトでできたものでしょ。こんな便利になった時代、新年の挨拶のために年賀状を送るほうが大変だっつーの!

目的は新年の挨拶だから!

年賀状を送ることを目的にしちゃうと、こんな簡単に挨拶ができる時代でも年賀状に固執しちゃうよね。あと、ぶっちゃけ年賀状なんて郵便局のビジネスだからね。いい言葉並べて年賀状を送ろう!とか言ってるけど、それは年賀状を売りたいだけ。

新年の挨拶をしたいだけなら年賀状にこだわらず、メールなりLINEなりでいいと思います。

親戚付き合いで送ってる人もいるとは思うけどね。それはそれで難しいところだと思いますが、こんな考え方もあるということを知っていただけたらと思います。

手段を目的にしないように!

ついついやりがちですが、手段を目的にしないようにしましょう。
今回、話した年賀状も手段なのに目的になってしまってる。郵便局は売りたいから年賀状を送ることを目的のように宣伝してるけど違うよね。

「なぜ年賀状を送るのか」「なぜLINEではダメなのか」この「なぜ」をクセにすると、目的を見失うことがなくなるので試してみてください。

一応言っておきますが、年賀状を送らないのが正解という話ではありません。人にはいろんな考え方があるから正解・不正解の2極では分けれらないです。
ただ「周りがやってるから」が理由な人は、この「なぜ」思考を使うと自分の価値感で行動ができるようになると思います。

最後に

今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!
これを読んでくれた人が少しでも前向きになれますように。

では、また次回お会いしましょう!
またねー!!