Volleyball

石川真佑選手【セリエA23/24 第12節】

石川真佑選手イタリア移籍正式発表 https://www.peetaaan.com/womenvolleyball-2809/ 石川真佑選手が...

【セリアA 23/24シーズン】石川真佑選手の活躍のまとめ。

所属チームは「Il Bisonte Firenze」背番号は4番。

Il Bisonte Firenzeは昨年のシーズンでは10位(14チーム中)のチーム。
今シーズンから、ドイツ代表のLinaAlsmeier選手も入る。同い年で同じポジションなのでお互い刺激を受けそう。

石川真佑選手

石川選手は2019年から日本代表でも活躍してるバレーボール選手。
兄は石川祐希さん。

第12節(vs Allianz Vero Volley Milano)

第12節の相手はAllianz Vero Volley Milano(ミラノ)。
昨年のシーズンでは3位(14チーム中)のチーム。
今回はホーム。

石川選手は今回もスタメンで出場して、13得点を挙げる活躍をしました。チームトップはAnastasiia Kraiduba選手の15得点で、チームは残念ながら0-3のストレート負け。

Milano(ミラノ)はタレントチームだけあって強かった。18番のPaola Egonu選手、8番のAlessia Orro選手、17番のMyriam Sylla選手はやはり活躍していた。そして強いチームは終盤のギアが違う。これはクラブチーム限った話ではなく、ナショナルチームにも言えることなのかもしれない。

Paola Egonu選手はスパイクももちろんだが、サーブがよかった。Paola Egonu選手がサーブのときは連続ポイントを取られることが多かった。

そして、セッターのAlessia Orro選手もよかった。ちゃんと相手コートが見えているのだろう、何回もツーをやって結果6本のスパイクを決めている。きっとAlessia Orro選手は攻撃が好きなんだろうけど、ちゃんと状況を見て決めてきてるところがすごいと思った。

石川選手が所属するFirenze(フィレンツェ)は格上相手にしては上出来のように思えた。ちゃんと粘れていたし、いいプレーもあった。離されすぎずちゃんとついていけてよかった。

石川選手は久しぶりにスパイクがいい感じだった。ここ2試合ぐらいは苦労してる感じがしたが、この試合ではいいスパイクが多かった。Paola Egonu選手もすごいが石川選手のスパイクもかっこいい。やはり、石川選手の身長(174cm)でこんなにスパイクを決めるのはすごいことだと思う。バレーボールは身長だけではないことを証明してほしい。そして、いつか石川選手もトップチームでプレーしてほしいと思う。

第12節を終えたところで石川選手はトップスパイカー11位、トップレシーバー10位。
チームは9位(14チーム中)。

次の第13節の相手は Honda Olivero S.Bernardo Cuneo(クーネオ)で現在11位のチーム。順位的には下のチームなのでここはしっかり勝ち切ってほしいところだ。そして、次戦で前半戦が終わって後半戦になる。まだまだタフな試合が続くが、怪我なく完走してほしいと思う。

今後の石川選手の更なる活躍と、チームの勝利を心から願っています!

個人成績(石川真佑)